FC2ブログ
プロフィール

a.meiya

Author:a.meiya
日々のことをつらつらと書き綴っていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

言の葉ひらひら
日々感じてること、考えてること、ちょっとした出来事を書き綴っています(^^)
つれづれ。
締め切りが近い書類や、今日中に提出してねという書類が次々にきて、仕事が遅れがち(^_^;)

後回しにしてもいいものがどんどんたまる。
むぅ…悪循環。
今日か明日には落ち着くかな。

♪♪♪♪♪♪♪♪

職場の社員さんに、mixiを発見されてしまった(笑)

とても可愛らしい、想いがこもったメッセージをもらった。

日記を読んで、いろいろと感じてくれたらしい。そういうのが嬉しいなぁと感じる。

あんまり関わりはないのだけど、うちの中で彼女は癒し系。
でもって応援したくなる。

彼女を見守っている人は多いだろうなぁ。
スポンサーサイト



日々考え中。
独り言日記。

仲間の1人から「調子ええんとちゃうん。ストレスかかるけど、成長に繋がる関わりしてもらってるわ」という言葉をもらう。

いろんなこと考えてる毎日で、試行錯誤の日々だし、トレーナーにはバイオリズムが下がっているという認識があるらしい。

ただ切り替えて、今やれることをやっているだけなんだけど、それがいいのかもしれない。

♪♪♪♪♪♪♪♪

関わっていいのか、関わらない方がいいのか。
迷っていても答えは出ないし、自分が伝えたいことは伝えていこうと思う。

今日が人生最後の日のように生きる。
いつの日かそうなる。

伝えずに後悔するよりも、伝えて後悔したい。
いや、そこから次にいかして学びたい。
私が知らなかった京都。
200708271455192
20070827145519
20070827145518
大学時代の友人Kちゃんが京都に来ているというの聞き、久しぶりに再会することに。
かれこれ2年3年ぶり。

あまり京都を歩いたことがないとのことだったので、昔ながらの街並みがあるとこにいきたいとのこと。

清水寺から三寧坂、二年坂、八坂神社を辿る道を歩いた。

こんなに歩くことを予測していなかったので、日焼け防止をあまりしておらず、確実に焼けただろうなぁ(^_^;)

清水寺に行った時に、胎内めぐりというものをした。

ご本尊が奉られていて、その胎内に入っていくというもの。

地下へ降りて行く前に、左手をあけて、数珠を頼りに歩いて下さい。手を離さないで下さいと言われる。

降りて納得。

目を開けていても、閉じていても同じ。
まさに漆黒なのだ。

数珠の感覚だけが頼り。
怖いというよりも、不思議な感覚。

入口で履き物は脱いでいて、素足にサンダルだったので、地面の感覚がダイレクトに伝わってくる。

感覚が研ぎ澄まされる感じがした。

しばらく歩くと、一筋の光明が上から差していて、そこには大きな石があった。
その石に触って、願い事を一つすると、叶うのだという。

石のひんやりとした感覚に想いをのせて祈る。願う。

地上に出てくると、日常に戻ってきたという感覚で、貴重な体験だった。
その後にお昼を食べながらお互いの近況を話す。適齢期なので、自然とその話題に(笑)

というか、そういうことを話す年代にお互いなったのだなぁと改めて実感。

また会おうねと、先ほど別れた。
お互い、離れていても頑張っていこうo(^-^)o

拾ったけど。
道端で5000円見つけて拾ったものの、使う度胸もなく、かといって届けるのも面倒くさいので、手放した(笑)

しかも、更に目立つ所にw

基本的に小心者です(笑)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪

幼なじみのお母さん(うちはおばちゃんと呼んでいるが…)に久しぶりにあって、「きれいになったね」と言ってもらったo(^-^)o

うちが生まれた時から知ってくれている人なので余計だ。

母と話す機会があったらしく、母にも「変わったね」と伝えてくれはったそうだ。そしたら母は「変わったやろう」と認めてくれていたそうな。

嬉しかったのと同時に、ダイレクトに言ってくれたら、より嬉しいのにと思った(笑)

何せ、うちの母は駄目だしが多いから、娘は母がそんなことを思ってくれてるなんて、知らなかったのだ(^_^;)

うちにとってその一言はとても嬉しいのだo(^-^)o
バーベキュー
昨日はAさん主催のもと、会社の社員さん達とバーベキューに行ってきた。3台の車にわかれて能勢町にあるキャンプ場へ。

食材を途中で購入する流れだったのだけど、どんどん山の中へ(^_^;)

心境になり幹事のY君に電話。
曰わく「2㎞ほど手前にある」とのこと。
車を走らせていくと、確かにあった(笑)
疑ってごめん、Y君(^_^;)

ほとんど考えなしに食材を購入(笑)
かぼちゃ半分って誰が切るねん!って突っ込んだら、すかさずもう一人の幹事M君がうちともう一人の女性参加者Nさんを指差す。

やはりそうですか(^_^;)
現地について、場所作りは男性、食材は女性にわかれて準備開始。

Nさんと会社のことを話ながら、ワイワイ言いながら切っていくのは楽しかったo(^-^)o

食べていてヒットしたのは、Hさんがいれたサザエ!
美味しかった(^o^)/

で、まったりしたりする人も出てくる中、Hさん、Iさん、M君、H君、Nさんとで小さな川へ行く。
水が冷たくて気持ちいい。お互いに水をかけあったりして遊んだ。

そうそう、 Aさんがスイカを丸ごと一個買わはって、切るのがまな板を返却したあとだったので、大きな石の上で切るという暴挙に出たっけ(笑)
包丁はうちで、抑えるのが主にHさん。
結構ビビらせたり、切り方が悪いと突っ込まれたり。

社員さんの違う面が見られて楽しかったのと、Nさんと違う話ができたのは嬉しかったo(^-^)o
告白。
うちにとって大切な人がいて、今一番大切な人で、自分のとってきた行動の甘さからその人をなくしかけている(あるいは、なくしているのかもしれないけど)直面することが沢山ある。

「失いたくない」と喚くことも、「そうですか」と諦めることも簡単だ。
その人の本音を知って、自分がどう動くか。

自分の気持ちも伝えて、どうしたいかも伝えて、自分の中ですっきりした。

というより、この感覚は決めた感覚だ。

そうすると、なんでこんな簡単なことが浮かばなかったのだろうと自分でも笑ってしまう。

うやむやにしていたのは、自分。
甘えて、許してもらえると、その人がどう思うかを見ていなかったのも自分。

その人の言葉だからこそ、自分の中で決めたことは事実。


葛藤。
『この詩は、メアリー・オノプチェンコが時ならぬ死を迎えた夜、-1988年9月9日-彼女の財布から見つかったものです。彼女の兄弟であるアレックスが埋葬の日、彼女に代わってこれを読みました。メアリーの性格や個性のエッセンスが一行一行に響いています。私たち誰もが直面するこの葛藤を、メアリーが理解したように、どうかあなたも読んで理解してください。        

愛を込めて 

[READ MORE...]
たった一つでも。
うちの目の前に座ってはるTさんは、体型がお相撲さんのような方で、「べき」が強い人。
そして、正直不器用な方で、最初は無愛想に見えた(^^;

[READ MORE...]
痛い(^_^;)
昨日から口の中の同じ所ばかりを噛んでしまっていたい(^_^;)
疲れてるな。

暑さが一番キツいかも。僅か5分の距離の所に行くだけで、一気に疲れます(^_^;)
基本的に体力ないからなぁ…。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

違う支店の社員さんとの関わりで、ちと困っていることがあって、正直に困っていると伝えてみた…。(やりとりはメール)
…聞いてない(^_^;)

関わり変わらず。
どころか、他の社員さんを使って、「アプローチしてみろ」と言ってもらったからアプローチしてますみたいな返しがきて、うちの中の不信感が一気にあがる(-_-メ)

ほとんど話したことのない人だから余計かも。
実際に話してみたら、印象が変わるのかなぁ。

ぐだぐだ日記になってしまった(^_^;)
やってみて。
昨日の話し。

昨日は朝から落ち着かなかった。
みんなに「今日に行動する」って宣言したし、けど、正直かなり怖くて、びびってる自分もいるし(^^;

[READ MORE...]
言ってみる。
ことの詳細は省くけど、今日はOさんやAさんに自分なりの提案をしてみた。

[READ MORE...]
みんなでゴルフ
といっても、ゲームの話ではないです(笑)

父と弟とゴルフの打ちっ放しに行ってきましたo(^-^)o

父が明日ゴルフ(関連会社とのお付き合い)に行くので、それに便乗した形。

父は弟と共通の楽しみが持てるので嬉しそう。
娘としては、ちとジェラシー(笑)
それでも、父に「嬉しいんじゃないの?」と伝える時に、肩にタッチストロークできたのは成長だo(^-^)o

実際、父は弟に積極的に教えるけど、うちにはなかなか教えてくれない。
内心でむぅ…と思う自分と、「大人になって弟と父のことで張り合うなんて」と苦笑する自分がいたり。
寂しさも感じていたと思う。

それでも自分から積極的に教えてもらいにいくと、何かとアドバイスをくれる。

父は教えるのがうまいと思う。
弟にかける言葉が勇気付けになっているのだ。
失敗しても、「段々よくなってる」という一言をかけたり。

いや、心底嬉しいんだろうな。

自分は長女だなぁと思ったのは、まず見て、やってみて、また見て学ぼうとしている自分に気づいた時(笑)

一人でやろうとしてます(^_^;)

ほんの数時間の打ちっ放しやったけど、気がつくことが一杯。

世の中のお父様。
たまには娘にストロークを(笑)
娘からも父へのストロークが大切。
印象の差。
新しく入ってきはった内務員さん。
階が違うので、なかなか話をする機会がないのだけど、どうも他の社員さんから聞くイメージと、自分の中にあるイメージが違う(^^;
[READ MORE...]
「言っても届かない」の奥に。
昨日、Hさんと関わっていて気がついたことがある。
自分がそう意味づけしているのだろうけど、この人と関わっていると、今まで見えてこなかった自分自身のことが見えてくるし、気付きに繋がっているので、とても感謝している。

何度かHさんが話を聞いてくれてるのかな?って感じた瞬間があったのだけど、「まぁいっか」と流していた。
そうしているうちに、無意識に「聞いている方が楽」という選択をしている自分がいた。




[READ MORE...]
繋がりを取り戻す。
うちはmixiをやっているが、その中で懐かしい人たちのとの出会いがある。小学校との時の同級生であったり、大学時代のゼミ仲間であったり。
[READ MORE...]
確認すること。
先日あったコミュニケーショントレーニングのこと。

[READ MORE...]
ストローク不足の威力。
ストロークと言うのは心理学の一分野である
交流分析の中で使われる言葉。

人が交流するのには3つの目的があると言われていて、
その中の一つに「刺激への欲求」というのがあり、この「刺激」のことをストロークと呼んでいる。

で、人は普通は「認められる」とか「優しくされる」といった肯定的なストロークを得るために人と関わるのだけど、それがもらえないときは、「馬鹿にされる」「怒られる」といった否定的なストロークをもらうために、人と関わるといわれている。
[READ MORE...]
松田聖子という人
水曜日かな。家に帰ってテレビをつけたら、松田聖子さんを取り上げた番組をやっていた。

彼女が何故今も女性に支持されるのか。

松田聖子さんを支持するのは、彼女と同じように子供を育てながら、自分の仕事もやり続けている人と、仕事に専念して生き続けてきて、自分の中でこれからどう生きていくのかという迷いを持っている女性だ。

どちらにしても松田聖子さんという存在は、勇気付けになっているのだろう。
同じ女性として、自分の生きたい人生を生きているその姿が。

「好きだから、やり続けていく」という言葉には、彼女の信念を感じたし、「誰が何を言おうと、自分は自分の人生を生きる」という力強さを感じた。

正直、松田聖子さんという人に今まで興味はなかったし、その番組を見たからといって曲を好きになるとか、そういうことはないけれど、彼女の生き方を応援したいなと感じたし、見方が変わった番組だった。
嬉しいメール。
昨日、母親からとても可愛らしいおめでとうメールが来た。
母は私が小さい頃から「チャンスは掴め!」と言っていた人だった。
今回も「チャンスは大切にしてください」という言葉が添えられていた。
一貫している人だなぁとつくづく感じる。

そして、こういうメールが嬉しいなぁとも感じる♪
[READ MORE...]
8月です。
昨日から8月です。
そして、昨日に正式に辞令をいただきました♪
何故か、今日に入社手続きです(^^;


[READ MORE...]
兆し。
愚痴と言うか、うだうだ書いている日記です(^^;







どうも、夏ばての兆しが見えてきました(^^;

ここ数日「だるいなぁ」と思っていると、案の定、食事の量も減ってきました・・。
減っている・・・というより、食べるのがめんどくさいです。

「寝る」だけで回復できるわけではなさそう。
昨日だって24時半には寝ていたけど、疲れが残ってるし。
というか、蓄積されているのでしょう(^^;

誰かと関わりだすと切り替わるというか、エネルギーが出てくるというか、そういう感じなるのだけど、1人でいるときの反動が大きくて、部屋に帰ると、かなりぼーっとしています。

夏本番はこれからなんだけど、うまく乗り切れるでしょうか???(^^;