FC2ブログ
プロフィール

a.meiya

Author:a.meiya
日々のことをつらつらと書き綴っていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

言の葉ひらひら
日々感じてること、考えてること、ちょっとした出来事を書き綴っています(^^)
面白い。
うちは事務員なので(最近、やっと慣れてきたw)
外線を取るのはうちの仕事だったりする。

最初は企業名が聞き取れなくて、あわあわしたのだけど、
慣れてきたから、だいぶまし。
で、そのあたりで余裕が出てきたのかわからないけど、
声の変化に気がつくようになった。

というのは、他の支店の社員さんであったとしても、取引先の方にしても、まず会ったことがない。
やりとりは「声」だけ。
しかも、長話はない。
一日に何本もかかってくる人もいれば、数日置きという人もいはる。

そう、ただ声のやりとり
なんだけど、段々気楽さというか、親密さが出てきてる感じがするのだ。
それこそ、軽口が出てきそうな雰囲気。

こういう状態で、遠方の社員さん、協力会社の方の顔と名前が一致すると、一気に親しみが増すのだ(笑)
どうも、相手の方もそうらしい。
問題は、一回の電話の時間が長くなりやすいってことだけど(^^;
向こうの方が、世間話や、軽口を振ってきはるからだ。
それはそれで、嬉しいこと。

ちなみに、何度顔を合わしても、何度名前を教えても、うちの名前を覚えられなかった、協力会社のIさん。
ネタか??と想いながら、「今度忘れたら、ジュースおごってくださいね」というと、翌日には覚えはった(笑)

話のネタだったのか?w
本人曰く「ジュースおごらなあかんし」やった(笑)
スポンサーサイト



自分に正直になる。
昨日はカウトレでした。
自己評価を改善する9つの鍵っていうのをテーマに進められていて、昨日のテーマは「自分を受け入れる」「自分に正直になる」ってことと、「行動する」ということ。

「自分に正直になる」っていうのは、今のうち自身のテーマ。「欲しいものを欲しいという」「自分の感性を信じる」「ビジョンと共に自分自身を表現する」
というのは、目下取り組み中のこと。
レジメのなかでヒットした言葉が、「羞恥心と仲がよいのは、沈黙と孤独です。誰にも言わず、ひとりで悩んでいる限り、恥ずかしいという思いから抜け出すことはできません」
というもの(^^;

[READ MORE...]
そういえば。
期末ということで、売上処理が続いてる今日この頃。
協力会社さんの所へ請求書をもらいに行くと同時に、売上処理に必要だと聞いた書類も一緒にほしいのですがというと、

「今まで、売上処理にその書類はいらなかったはず」

とのこと。

うちが聞き間違えてきたのかと思い、じゃあ、戻って聞き直してきますと言うも、「いやいや、もしかしたら本当はいるのかもしれない」と、社長さん自ら書類を探してくれはることになった。
そして、そこへ他の社員さんも集まってきはって、なんか数人で、あーだこーだという事態に(^^;

そこの協力会社の社員さんとは、結構面識があったので、気安さはあったけど、うちの心の中は居心地悪さで一杯(^^;

「そんな、みんなで対応してくれなくていいです。自分でなんとかしますから」っていう会話と、「自分の失敗が暴かれる」みたいな恥ずかしさ。

助けてもらうことへの恥ずかしさと、失敗がはっきりするという恥ずかしさ、みっともなさという内部会話。
だから、一人でなんとかしたくなる。

けど、現実はみんなが、あれやこれやと助けてくれている。
ちょうど、消防訓練が始まる時刻が近くなって、自分の会社に戻らないといけなくなり、一旦中断が入ったのだけど、
そのときは、一安心を感じてる自分がいた(^^;

結局、うちが流れを理解していなくて、その書類は要らないものだったことが判明して、一件落着したのだけど、よく考えれば(いや考えなくても)うち自身がその手続きをしたのは初めてなわけだ。
しかも、その流れは「理解してない」ではなくて、「今まで教えてもらっていない」ことだったのだから、知らないわけだ(^^;

この派遣先にきて、一年経っていない。
今で半年ぐらいかな。
だから、まだまだ初めてのことが多いのに、それを処理できて「当たり前」だと思っている自分がいることに気がつく。

消防訓練の時にそれに気がついたから、もう一度、協力会社さんへ行ったときには、「教えてもらう」意識でいられたので、変な恥ずかしさはなかった。
そのときは、その手続きの責任者の社員さんも一緒だったのだけど(^^;

「まぁ、息抜きと思って、珈琲よばれて帰ろうや」っていう一言が嬉しかった。
社長さんも、世間話であったり、受発注の流れをわかりやすく説明してくれはったり。

ありがたいことです。
消防訓練。
今日は消防訓練でした。
前にやったのは、バイト先でのこと。そのときは店員だったので、避難役というかは、お客さんの誘導役でした。
(どっちにしろ、避難はするんだけど)

で、実際にやってみて、日ごろ気がつかなかったことに、気がつく。
今回の訓練で、火元は1Fの喫煙室。1Fの一番奥にあります。まぁ、ありえる設定です。
で、この1Fのフロアー出入口は一箇所しかありません。
しかも、唯一の階段の合流地点になってます(^^;

火や煙は上にあがっていくので、1Fから上の人って、下に逃げることは難しい(^^;
うちがいる階は5階なんで、実際に火事が起きたら結構やばいです。
屋上があるので、そこに逃げるしかありません。

もしかしたら、「まぁ、いざとなったら、屋上に逃げて救助してもらったらいいよ。対応が早かったらなんとかなる」
っていう論理なのかもしれませんが、それよりは根本的な解決をしたほうが早いような・・(^^;

「外に喫煙場所を創ったらいいねん」なんて書くと、また愛煙家が肩身のせまいことに・・・なんてことを思われる方がいはるかもしれませんが、一個人としては、せめて6Fに喫煙室をつくるとかしてもらえると、個人的には嬉しいかも(笑)

なんにしても、火事は起きてほしくないものです・・。

それは違います。
分の天然さに、思わず笑った瞬間。

昼休みにとある猫日記系のBLOGを読んでいた時のこと。
飼ってはる猫の名前と種類を書いてはる欄があった。
いろんな種類がいるんやな・・・って思いながら、
ふと私の目に留まった一文字

「メークイン」

・・・・・・・?
おじゃがの名前????






「メインクーン」の読み間違いでした(^^;

過去に、とある神社にて「降雪時注意」という看板を「降霊時注意」という風に読み間違えて、同行者を大笑いさせた前科持ちです・・・・(笑)

思い込みって怖い(笑)
家族カウンセリング。
今日はアドラー心理学のなかでも、「問題行動」と「家族布置」に焦点をあてた講義。
明日はそこからの仮説・正対・勇気付けといった流れのカウンセリング実習がたくさん(笑)

うち自身、「人に一歩踏み込む」ということが怖い。
それは、うちが自分自身に踏み込むことが怖いから。
自分の怖さを、人に投影しているのかもしれない。

アドラー心理学は、厳しい。
「人生の嘘」を許してくれない。
「わかっちゃいるけど止められない」とか、「これがあるから、これができない」とか「これができないから、これもできない」とかの言い訳を許してくれない。
原因ではなく、目的を見ていく。

そういうなかで、「今ここ」の自分の人生の目的が見えてくるから、面白い。
過去ではなく、今から、未来を見る。
だから、行動への勇気がわいてくる。
自分と向き合う。
昨日はカウトレでした。
前に自分の自己評価についての、洞察をやっていたのですが、今回からは、じゃあ、その自己評価を改善していくには、どうしたらいいかっていうのが、テーマになっていきます
[READ MORE...]
思考考察。
これは、うちの思考の整理的な日記です。
読みたくないな~と思う方は、読み飛ばしてください。
[READ MORE...]